「木の芽」・・・苦味がいいの~~2013/05/20 23:45

先週新潟十日町から届いた新芽のこの時期しか味わえない~~木の芽・・・
これがまた苦味が美味しい大人の楽しみ~~。。。
木の芽は、天然アケビの新芽・・・、こんなに沢山採って送っていただきました。
茹でる前に写真を撮っていたら、なにやら・・・寄ってきました。。。

             これ、ソフィも食べれますか?  by ソフィ
ソフィ

          ウ~ン、ちょっと無理だと思うけど~~。苦い~からね・・・。

茹ですぎない様にさっと茹でて水に曝すと、一本一本がこんなに綺麗な緑色に・・・。
本当に苦いアクの部分は茹でたお湯が茶色になって出てしまって、癖になるほろ苦さと
しゃっきりした食感が残ります。

3cm位に切て溶き卵の中に・・・、お醤油とおかかをかけて、いただきます!
           このほろ苦さが美味しい~~。
初めて食べた時は、「苦い~!」よ~って思ったけど、今は大好きな大人の苦味で、
越後からの春の便りです。。。ありがとうございました。

再び春山からの贈り物・・2010/05/12 23:47

今日、また新潟十日町の主人の友人から、春の贈り物が届きました。
美味しい春を、いつもいつもありがとうございます!!!
今日届いたのは、木の芽と竹の子でした。
木の芽
木の芽ってアケビの新芽なんですよ。
木の芽は、全国的には食べられてはいない様ですね。
新潟や東北では、春にアケビの新芽をひとつひとつ丁寧に摘んで、贅沢なご馳走なんですよ。
少し苦味が強いですが、湯がいて水にさらして、2~3cmに切って鶉の卵を落として醤油で食べます。この苦味が美味し・・・。
木の芽ごはん
今晩は、鶏卵とおかかに醤油で食べました。ポン酢でもいけました。
それと、木の芽ご飯を始めて作りました。
大根の味噌漬けをみじん切りして油で炒めて、それに木の芽を1cm程度に切って炊き立てのごはんに混ぜます。木の芽ご飯は、今回初めて!
実は、昨日友人の奥さんが、電話で作り方を教えてくれました。
そして、大根の味噌漬けも一緒に送ってくれました。
油炒めした味噌漬けと苦味のある木の芽が、ご飯にからんで甘味を感じる美味しさでした。味噌漬けの味にもこだわりがあるようです・・・。
木の芽を贅沢に頂きました。
竹の子
この竹の子はまがり竹で、柔らかいけどしゃきっとした歯ごたえのある美味しさです。皮を剥いて茹でました。
さっき主人は、先の柔らかい部分に味噌マヨネーズを付けて、湯上りのビールを
飲んでいました!(私も少しお相伴に・・)
明日、これで竹の子ご飯を焚こうと思っています。

新潟十日町からの宅急便は、嬉しい雪国の春の息吹です。感謝!

春の山菜が届きました・・2010/05/04 23:45

新潟から春の便りが届きました・・・。
「うど」と「こごみ」(こごめ)それと都忘れの苗です。
こごみ

雪解けの後に顔を出した穂先のくるっと巻いたこごみは、クサソテツの別名だそうですが、穂先のくるっと巻いた姿は、見た目にも柔らかそうな春の訪れを喜んでお辞儀をしているようです。
山菜のなかでも苦味がなく、茹でてヨネーズのちょっとだけお醤油をたらして食べたり、ゴマ合えにしたり・・・。
香りの良いうどは、酢の物やきんぴらにします。

でも、春の山菜のてんぷらもいいですね。
さっそくお呼ばれに持参して、てんぷらにして頂きました。
山菜のてんぷら
まずは、何も付けずにそのままで・・・、その後は、ちょっとお塩を付けて・・。
うどは、少し苦味があるこの味が最高に贅沢な大人の食材なんでしょうね。
こごみも、口の中に春が広がる優しさです。

筍やスナックエンドウも美味しくご馳走になりました。
春野菜のお皿